マンション管理

今の管理会社に対する疑問や不安・不満でお悩みの管理組合の皆様へ

  • 近隣のマンションや、友人知人のマンションと違う
  • 管理費が高いのではないかと思う
  • 管理人や清掃員の評判が、あまり良くない
  • 管理会社のフロントマンの姿を見たことがない

お任せ下さい。安心で快適なマンション生活をお手伝いいたします。

管理会社選びのコツ

  • いつも、こまめに足を運んでくれる。
  • 困りごとや、悩みごとに、気軽に相談に乗ってもらえる。
  • わからないことを、丁寧に教えてもらえる。
  • 管理費や消耗品などについて、明確に説明してくれる。
  • 目先のことだけでなく、将来の補修計画なども提案してくれる。
  • 緊急時なども、必ず連絡し対応してくれる。

きめ細かなサービスを展開し「安心・安全」を提供していきます。

事務管理業務は、マンション管理適正化法で定められた基幹事務と、それ以外の業務の二つに分かれます。
基幹事務とは会計業務、出納事務、マンションの維持修繕に係る企画・調整といった業務のことです。
基幹事務以外の業務とは理事会・総会支援業務、各種検査等の報告・届出などといったものになります。
この事務管理業務の正確性・スピード性は、管理会社に最も求められる要素です。当社はしっかりとした事務管理により、ご入居者をサポートしています。

基幹事務

会計・出納業務

管理組合会計の予算・決算の事務を行い、毎月、収支状況等を管理組合様に報告いたします。また、管理費等の徴収事務を行うと同時に、管理費等の滞納が発生した場合、管理組合様に代わり督促等の手続きを行います。マンション管理適正化法に定められたイ方式を基本として採用しております。なお、同法に認められた管理費などの保証制度にも加入しており、安心して会計をおまかせいただけます。管理費等は自動引落により、口座よりお引落させていただきます。

管理費等保証制度とは
マンション管理適正化推進法の指定法人である一般社団法人マンション管理業協会の運営する保証機構と、管理費等の返還債務の保証契約(管理費等の1ヶ月分上限)を締結する制度です。

長期修繕計画・資金計画立案

どのような建物でも、経年劣化は避けられません。いつまでも美しく快適に、そして大切な資産価値を守るためには、計画的な修繕が必要不可欠です。独自の長期修繕計画作成システムに基づいて、建物保全(大規模修繕工事など)をサポートいたします。一棟一棟異なるマンションの特性に合わせ、また日常的なメンテナンスの履歴を反映させた長期修繕計画を順次ご提案させていただきます。工事にあたっては、専門スタッフによる設計監理、アフターケア・サポートまでを徹底して行います。
長期修繕計画に基づき、建物ごとの資金計画をシミュレーションします。将来必要となる修繕を見据えて、適切な積立金額をご提案させていただきます。

将来必要となる修繕
築5〜10年
例)塗装の劣化が進行してきます。劣化状況を確認して、必要に応じた処置が求められます。
築10〜15年
例)外壁塗装や屋上防水などの修繕時期を迎えます。躯体の劣化、外壁剥落などによる事故なども防ぐ処置が求められます。
築15〜25年
例)給水管など設備系の劣化が心配になります。診断を行い、結果によって延命または更新の処置が求められます。
築25〜35年
例)耐用年数に達する設備の調査や、外壁のひび割れや汚れなど、劣化状況をチェックし対処が求められます。

基幹事務以外の業務

管理運営担当者を設け、円滑な管理組合運営をサポートします。

理事会・総会支援業務

理事会・総会の開催に際し、必要となる資料作成、案内通知、会場準備等、運営を補助します。また、理事会・総会へ実際に出席し、管理組合運営のサポートやアドバイス、議事録の作成補助などの業務を行います。その他、組合活動に必要なさまざまな事務管理業務をお手伝いいたします。

契約事務や認可管理の処理

官公庁、各種業者等との折衝や契約・協定についてのアドバイスを行い、契約事務を代行します。管理業務の引継ぎ・鍵引継ぎ・竣工図書等の引継ぎもチェックリストをもとに遺漏なく行います。

管理員業務

爽やかな挨拶とこまめな清掃で、皆様にとって気持ちの良い対応と、快適な環境づくりをしています。

事務報告・連絡業務

日々の業務報告をはじめ、マンションで起こる様々な事柄について、担当スタッフと連絡・相談しながら、管理事務を担当します。業務報告をはじめとする様々な資料の作成、また、お客様の各種届け出書類をお預かりする等、事務管理業務もサポートいたします。

建物・設備点検、立ち会い、巡回

お住まいの皆様の安全を守るために、日々の点検・巡回業務を通して発見した不具合や設備異常などに関して、メンテナンスなどが必要な場合は、担当スタッフと相談しながら対応していきます。社内の専門部署や協力会社の皆様と連携し、互いに協力しあいながら業務を進めています。また、勤務時間内に行われる建物設備点検に立ち会います。

清掃業務

清掃業務においては、特にエントランス回りや集合郵便受け、階段や廊下など共用部分を清潔に保ち、常に快適な生活空間を維持するとともにマンションの特性に合わせたきめ細かな仕様を提案し、建物の美観を維持しています。 日常的な掃き掃除、ふき掃除、さらにゴミ処理やゴミ処理容器の消毒清掃など、建物内外の共用部分の清掃を行います。月1回、または2〜3ヵ月に1回と期日を決め、専門スタッフが機械器具を使用して床面の洗浄、ワックスがけなどの「定期清掃業務」を行います。ご要望に応じて「特別清掃業務」も実施します。
専門スタッフはマンションだけでなく、ビルの清掃管理業務については、創業から35年の実績があります。もちろん、マンション管理では衛生管理の重要性を認識した清掃体制を確立しています。

UP